キャッシングで生じる手数料は何%程度になるか

キャッシングには、必ず金利が存在します。それは金融会社によって違いがあります。 原則として金利は、パーセンテージによって表現される事になります。例えば年利18%や11%などの具合です。この%は、借りたお金にかける事になります。

ですので、例えばある商品にて100万を借りたとします。それで年利が18%の時は、1年間に生じる手数料は18万になってくるのです。計算方法自体は、とてもシンプルですね。

ちなみにこの18万という数字を元に、1日あたりの手数料を算出する事もできます。当然1年間は365日となるので、18万を365で割れば良い訳です。したがって1日あたりの手数料は、493.15円になります。ただし実際は切捨て計算になる事が殆どなので、1日につき493円になる訳です。

そしてこの手数料が、それぞれの会社によって異なってきます。もちろん高めな所もあれば、やや低めな所もあるのです。

一般的には銀行関連の会社の場合は、手数料は比較的低めな事が多いです。ですので上記のように、11%前後の会社も中にはあります。しかし銀行でないタイプの業者の場合、それより高めになるケースも多いです。その代わり、借りる為のハードルは少し低めになってきます。

そしてこの手数料は、実は借りる金額とも関係があります。実際は上記の%は、融資額との反比例の関係があるからです。

例えば金融関連の業者から100万を借りる時には、17%だとします。ところが300万を借りる際には、12%などの具合です。多くの金額を借りるとなると、それだけ%も低めになってきます。ですので具体的にどれ位の%になるかは、結局は状況次第と言えるでしょう。

そして1つ気をつけるべき点があります。金融会社から借りた時は、もちろん期日までに返す必要があります。遅れてしまった時は、パーセントが高くなってしまう事が多いのですね。本来ならば18%の手数料が、延滞時には20%などの具合です。ですので、やはり遅れないようにするべきなのです。

ページの先頭へ