銀行カードローンについて

銀行からお金を借りるというと、相当収入の良い方や安定した仕事に就いている方でなければ審査に通らないのではないかと考えている方も多いのではないでしょうか。 確かに、消費者金融などに比べると銀行は敷居が高いように感じてしまうかもしれません。

ですが、そんなことはないのです。 銀行を利用する魅力といえば、消費者金融に比べて金利が低いということ。 利用目的も制限されていないため、自分の都合に合わせた使い方ができます。

利用目的が制限されていないのはカードローンです。 銀行の住宅ローンや自動車ローンは目的別ローンという扱いになっており、使い道が制限されているので注意しましょう。

限度額の範囲内であれば何度でも繰り返し利用できるため、お金がない月だけカードローンで乗り切っているという方も珍しくありません。

ただ、消費者金融に比べると銀行の方が審査に時間がかかるような気がしますよね。 しかし、近年は申し込みからわずか30分ほどで審査が終わるところも増えてきました。

そのため、銀行の中にも消費者金融とそれほど変わらないスピードで融資可能なところもあるのです。

申し込み方法も必ずしも銀行に行かなければならないというわけではなく、インターネットからの申し込みを受け付けているところもあります。 申し込みの際には運転免許証などの身分証明書や印鑑を用意しておきましょう。

また、銀行といえば消費者金融に比べて高額な融資も受け付けてくれるのですが、借り入れ希望額が多い場合は収入証明書も提出しなければなりません。

消費者金融との違いについてですが、最も大きいといえるのが総量規制に関することです。 消費者金融では総量規制というものによって年収の3分の1までしか借りられないと定められているのですが、銀行はこの規制の対象外となります。

そのため、消費者金融で年収の3分の1に該当する金額を借りていたとしても、銀行であれば借りられる可能性があるわけです。

ページの先頭へ