キャッシング即日-キャッシング利用者の特徴と傾向

消費者金融のキャッシングを利用している方は珍しくありません。 15,000人近くもの方が利用していると言われており、この数字は20歳以上の人口に対し、7人に1人の割合となっています。

そう考えるとかなり多くの方がキャッシングを利用していることがわかるのではないでしょうか。 また、このデータの中に中小の消費者金融は含まれていないため、それらを考慮するとさらに多くの方がキャッシングを利用していることになります。
プロミスのキャッシング即日融資の条件は?

それから、男女比についてですが、これは男女で7:3~6:4と言われており、女性でもキャッシングを利用している方は珍しくないのです。

業者によっては女性が借りやすいように女性専用のプランを設けるなどしているところも増えているため、女性の利用者は増えています。

次に、借り入れ総額についてですが、最も多いのが100万円未満という借り入れです。 次の給料日までどうしても生活費が足りなくなってしまった、急な出費が続いてしまった、遊びのためにお金が必要になったなどの理由でキャッシングをする方も多いのですが、100万円未満の借金であればコツコツ返済を続けることで完済が目指すますよね。

次に多いのが100万円以上200万円未満の借り入れです。 借金の総額が大きくなればなるほど完済が難しくなってしまうので、余裕がある時に多めに返すなどして少しでも借金の総額を減らしていきましょう。

また、キャッシングに申し込んだからといってすべての方が審査に通るわけではありません。 大手の消費者金融では全体の60~70%しか審査に通らないため、残りの方は借り入れができないという判断をされているのです。

それから、借り入れ可能な金額についてですが、大手消費者金融に申し込んだ場合初回平均貸付額は15万円~20万円ほどとなっています。

あくまで初回の貸付金額であり、返済の実績を作っていけば限度額が増えていくことが多いため、初めから大きな金額を借りられなくてもショックを受けないようにしましょう。
とちしん 栃木信用金庫

返済について知っておきたいこと

キャッシングを利用する前に必ずチェックしておきたいのが返済に関することです。 いくら借りられるか、審査には通るかといったことばかりを考えがちですが、お金を借りたら返さなければならないわけなので、借りる前に返済についても正しく理解しておくことが重要になります。

まず、支払日に関してですが、毎月1回または35日周期など業者によって違います。 いつ返済するかというのは契約時に決定するので、契約書などをよく確認し理解しておきましょう。

両社によっては自分で好きな日にちを設定できたり、業者側が決めているいくつかの候補の中から選択できる場合もあります。 ポイントとしては、給料日のすぐ後を選んだ方が良いでしょう。 給料日から時間が経ちすぎていると手持ちのお金が少なくなってしまうかもしれません。

返済方法については、こちらの業者によって選択できるものが違います。 多くの業者で取り入れているのが、提携ATM・インターネット・口座自動引き落としを活用した返済方法です。

他にもキャッシング業者が設置した専用のATMを使ったり、銀行振り込み、現金書留などによる返済方法もありますが、自分にとって一番返済しやすい方法はどれか考えた上で業者選びをしましょう。

続いて毎月の返済額についてですが、こちらはキャッシング業者がどのような返済方式を取り入れているかによって変わってきます。

キャッシングの申し込みをする前に、自分が借り入れを希望する額では毎月の返済額がいくらになるのかをチェックしておくと安心です。

それから、実際にキャッシングを利用して返済を続けている間も、自分の現在の借金が総額でいくらなのかは常に頭に入れておいた方が良いでしょう。

また、どの業者でも基本的に一括返済が可能です。 残っている借金を一括返済できれば、無駄な利息を払わなくて済むため、可能であれば早めに返済すると良いですね。

また、ボーナスなどで余裕ができた月にはいつもより多く返済するのもおすすめです。 このように積極的に返済を行っていくことにより、総合的に支払う利息を抑えて完済が目指せるでしょう。

既に借り入れをしている方はここに注意

初めは1社からのみキャッシングをしていたものの、気づけば借り入れ件数や金額が増えてしまうこともあるでしょう。 そういった方は珍しくありませんが、借り入れ金額を正確に把握していない方は危険です。

特に、新しく借り入れを増やそうと思っている方も現状を正しく把握しておきましょう。 自分でも気づかないうちに借り入れ件数が膨らんでしまい、無理なく返済できる範囲を超えてしまっている可能性もあります。

現在の借り入れ金額を確認した上で、まだ余裕があると考えるのであれば新規で申し込みをするのも良いでしょう。 新しく別の業者に申し込むのではなく、現在利用中の業者で限度額を増やせないか確認してみるのもおすすめです。

現在の借り入れを見直してみたものの、借り入れ件数が膨らんでいると感じたのであれば、おまとめローンの利用についても検討してみてはどうでしょうか。

金利の高い業者から金利が低い業者に乗り換えることで総合的な返済額を低く抑えることができます。

借り入れ件数が増えたり、金額が大きくなってしまった方は返済不能に陥ってしまう可能性も高くなるため、十分に注意しなければなりません。

ですが、人によって収入が違うため、借り入れ件数が○件以上になれば危険ということはできないのです。 収入が少ないのに返済額が多くなってしまうとどんどん返済不能に陥る可能性が高くなりますよね。

このような状態になってしまう前におまとめローンなどを上手に活用し、生活を整えてみてはどうでしょうか。 注意しなければならないこととして、一本化を測る際には業者選びに気をつけなければなりません。

他社の借り入れを求めますと宣伝している業者の中には悪徳な業者も存在するのです。 そういった業者を選んでしまうと借金を減らすどころか増やすことにも繋がってしまうため、業者選びは慎重に行いましょう。

特に、他社に比べてあまりにも良い条件を並べているような業者は信用できないため、インターネットなどを活用しながら情報を集め、優良業者でおまとめローンを活用することが重要です。

借り入れ金額が大きい方向けの情報

初めてキャッシングを利用する際には誰もが慎重になるものですが、一度借り始めてしまうとどんどん借入額が増えてしまう方もたくさんいます。

現在すでに返済で苦しい思いをしているのであれば、それ以上借り入れることは避けましょう。

確かにお金を借り入れることで一時的に生活は楽になるかもしれませんが、最終的には自分の首を絞めることにも繋がってしまいます。

お金が原因で人生が狂ってしまう方もたくさんいるので、できるだけ早い段階で借金を整理することが重要です。

ただ、中にはどれくらいの金額までならば無理なく返済できるのかわからないという方もいるでしょう。 一つの目安として、毎月の返済額が収入の20%を上回ってしまう場合、危険だとされています。

中には毎月の収入だけでは返済を済ませることができなくなり、他社からの借り入れで借金の返済を行っているという方もいますが、これはすでに自分で返済可能な金額を超えていると判断できるでしょう。

そのため、ここで考えなければならないのは新たな借り入れをする事ではなく、収入を増やしたり現在の収入でやりくりするための工夫です。

また、どうしても返済が困難になってしまい全くやりくりができない状態になってしまったのであれば、早めに専門家に相談すると良いでしょう。

弁護士事務所などでは借金に関する相談も受け付けているので、そういったところに相談すると良いですね。

現在の収入ではどうしても生活費が足りないということであれば、仕事を増やすことも考えなければなりません。 債務整理などを活用して現在の借金を減らしながら完済していく方法についても考えてみましょう。

現在返済に苦しんでいる方の多くは、とにかく次の支払い日を何とかすることしか考えられず、他社で借金を増やしてしまうケースもあるようです。

自転車操業のような状態になってしまうと必ずいつか限界がきてしまいます。 キャッシングは確かに便利なものではありますが、自分の財布とは違うということをよく理解し、無理のない範囲で利用することが大切です。

ページの先頭へ